【Photoshop】写真やカラー画像を単色カラーに変更する

Photoshopで写真を単色カラーにして、バナーなどの素材に利用したい。

単色カラーに変更手順1

【手順1】

まず、Photoshopで写真などの画像を開いて、メニューバーから、
[イメージ(I)]→[モード(M)]→[グレースケール(G)]の順に選択する。

単色カラーに変更手順2

【手順2】

グレースケール(白黒)に変わったら、さらにメニューバーから、
[イメージ(I)]→[モード(M)]→[ダブルトーン(D)]の順に選択する。

単色カラーに変更手順3

【手順3】

「ダブルトーンオプション」ウィンドウが表示されるので、下図のカラーの部分をクリックする。

単色カラーに変更手順4

【手順4】

表示されたカラーピッカーの中から変更したいカラーを選択する。

単色カラーに変更手順5

完成!!

単色カラーに変更手順6

【Photoshop】デコレーション枠バナーを作成

Photoshop(今回はCS4)でバナーの枠にキラキラクリスタル素材をデコレーションする。

まず、選択範囲を作成する。
デコレーションを施すバナーの外枠の選択範囲を指定する。

バナー枠デコレーション

[選択範囲]→[選択範囲を変更]→[境界線]で「選択範囲をふちどる」ウィンドウを表示する。

選択範囲を変更

「選択範囲をふちどる」ウィンドウでふちどる幅を設定する。今回は内側半分の5pxを使用するので、10pxを指定する。
すると内側・外側に5pxづつ「ふち」ができます。

選択範囲をふちどる

さらに内側だけを選択状態にしたいので、Shift+Ctrl+iで選択範囲を反転させます。

選択範囲反転

選択範囲を元に作業用パスの作成をします。
新しいレイヤーを追加してから、パレットをレイヤーパレット→パスパレットに切り替える。
パスパレット右上のメニューから[作業用パスを作成]をクリックして「作業用パスを作成」ウィンドウを表示。
許容値を設定する(今回は0.5pixel)。

作業用パスを作成

作業用パスに沿って描き込むブラシを作成します。
[ブラシ]をクリックした状態で下図のようにブラシを設定する。

ブラシの作成

ブラシが設定が完了したら、パスパレット右上のメニューから[パスの境界線を描く]をクリックする。すると先ほど設定したブラシが作業用パス上に描画される。

作業用パスにブラシを描画

レイヤースタイルを設定。
今回は[べベルとエンボス]と[シャドウ(内側)]を下図のように設定。

レイヤースタイルを設定

完成!!

完成!!

【Photoshop】日章旗風な画像の作り方

Photoshopで日章旗柄のデザインを作成する。

まず、背景とは別レイヤーで「しましま」を作成する。

レイヤー「しましま」を選択して[フィルタ]→[変形]→[極座標]の順にクリックして[極座標]ウィンドウを開く。

[極座標]ウィンドウで[直交座標を極座標に]を選択して[OK]をクリックする。

日章旗柄のデザインが完成!!

【Photoshop】つやアイコンの作り方

今回は、アイコンにツヤを付けてみます。

つやアイコン

まず、Photoshopを起動します。
[楕円形選択ツール]などでツヤを付けたい部分の選択範囲をつくります。

楕円形選択ツールで選択範囲

次に、新規レイヤーを作成し、新規レイヤーを選択した状態で、[塗りつぶしツール]を使って、先ほどの選択範囲内を白(#ffffff)で塗りつぶします。

塗りつぶしツール

いったん白で塗りつぶしたレイヤーを非表示にして、アイコンのレイヤーを選択した状態でアイコンの選択範囲を作成します。
今回は単色なので[選択範囲]→[色域指定](許容量:0)で選択範囲をとります。

アイコンの選択範囲

再び、白で塗りつぶしたレイヤーを表示して、そのレイヤーを選択した状態でレイヤーウィンドウの[レイヤーマスクを追加]をクリックします。

レイヤーマスク

すると、白の楕円がアイコンの型でくりぬかれた形になります。
あとは、レイヤーウィンドウで不透明度を調整(今回は20)すれば完成です。

つやアイコン完成画像

つやアイコン完成画像

【Photoshop】コマ送りGIFアニメーションの作り方

今回は、2枚の画像をコマ送りで再生するアニメーションGIF画像を作成します。

コマ送りアニメーションGIF画像

まず、Photoshopを起動し、
画像をレイヤーでわけて、コマ送りで表示したい順番にまとめます。

アニメーションGIF順番

次に、アニメーションパレットを表示します。
画面上に表示されていない場合は、[ウィンドウ]→[アニメーション]を選択して表示します。
アニメーションパレットのタブが[アニメーション(タイムライン)]になっている場合は、
右下のボタンで、[フレームアニメーションに変換]をクリックして、
[アニメーション(フレーム)]に表示をかえます。

アニメーションウィンドウ表示

アニメーションパレットの下部の[選択したフレームを複製]でフレームを複製し、
複製したフレームで表示する画像をレイヤーで選択します。

フレーム複製レイヤー選択

アニメーションの表示時間をフレームごとに設定します。
今回は0.5秒にしました。(初期設定は10秒になっています。)

アニメーション表示時間設定

左下の[ループオプションを設定]で、
[一度]:一回だけ再生
[無限]:繰り返し再生
[その他]:繰り返し回数設定
を選択する事もできます。

アニメーション再生回数設定

完成したら再生ボタンでアニメーションを再生してみましょう。
保存はShift+Ctrl+Alt+Sです。
GIFを選択するのを忘れずに。

GIFアニメーション保存

【Photoshop】枠付きサムネイル画像を作成する

今回は枠付きサムネイル画像を作成します。

枠付きサムネイル画像

まず、Photoshopで元になる画像を開きます。
このとき、開いた画像は背景になっている為、レイヤーを右クリックしてスマートオブジェクトに変換します。

背景をスマートオブジェクトに変換

次に、元画像のサムネイルにしたい部分を[長方形選択ツール]で選択します。

長方形選択ツールで選択範囲

先ほど[長方形選択ツール]で選択した選択範囲に[レイヤーマスクを追加]する。
すると、選択範囲内の部分だけが残る。

レイヤーマスクを追加

残った画像に[レイヤースタイル]→[境界線]で枠線を付ければ完成!!。

レイヤースタイル境界線

境界線で枠線追加

最後に作成した画像を、[スライスツール]でスライスして、Shift+Ctrl+Alt+Sで保存すれば完了!!

スライスツール

保存の際は、[選択したスライス]を選択。

選択したスライス保存

サムネイル完成