【ExcelVBA】指定セルの値が変更された時にイベントを発生させる”Worksheet_Change”イベント

指定セル更新後の処理イベント(指定セルの値が変更された時)が発生した時に処理を実行する。

今回は、指定したセル内の文字列が変更された時に、ダイアログボックス(ウィンドウ)に文字列を出力する。

Worksheet_Change()
セルの値が変更された時に発生するイベント。

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
    'カラムで条件分岐
    If Target.Column = 2 Then
        'サブプロシージャを呼び出す
        Call putCellVal(Target.Value)
    End If
End Sub
  
'文字列(値)を出力する関数サブプロシージャ
Sub putCellVal(val)
    MsgBox val
End Sub
Targetにはイベントが発生した時点でのセルの情報が入ってきます。
Target.Column…そのセルの列番号を取得
Target.Row …そのセルの行番号を取得
Target.Value …そのセルの値を取得

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>